現在行われている

特定の地域の商材を利用すると受け取れるポイント

地方の林業を管理する名目で、木材利用ポイントが導入されました。あくまで期間限定の仕組みであるため今後も続けられるか不明です。しかし多くの人が木材利用ポイント制度を歓迎しており、将来的に復活を果たす可能性は十分にあります。木の代わりに使われる材料は豊富です。それ故に木と人の共存関係にヒビが入っているのです。それを解決するために木材利用ポイントは政府に考案されました。 特定の地域だけが対象なので、全ての資材や商品が適用されません。しかし地域の振興にも大きく貢献しているため、経済状況の良化にも繋がっているのです。木材利用ポイントを貯めると現金に変換する事は不可能ですが、地方の名物や全国で使える金券に還元できます。

特定の地域の人以外も得をする

限られた地方で産出される木材だけが対象であるため、木材利用ポイントの恩恵は対象の地域の林業とユーザーだけしか受けられないと考えられています。しかし限られた人にしか恩恵が与えられない事は大きな誤りです。二次的な恩恵を受けられる人は多く存在します。 まず特定の地域の名物に還元できる仕組みは、それを提供する業者に貢献します。全国的なプロモーション活動を自動的に達成できるので、余計な広告費が発生しません。非常に大きな宣伝効果が存在するため、地方に存在する業者の多くは感謝を感じています。そして地方の企業が活性化する事によって予算が潤沢になります。企業の資産状況が上向きに転じると、彼らに商品を販売する企業に都合がいいのです。