Real estate
このエントリーをはてなブックマークに追加

現在行われている

期間限定のサービスと言われている住宅政策の一つに木材利用ポイントがあります。このポイントは限られた地域で産出される木材に限ったものなので、利用する時には事前に確認が必要です。

詳細を読む

不動産の今

経済や社会の流れに大きく影響を受ける不動産は、時代によって需要や供給、価格など様々な部分が変化します。不動産の不況はこれからも続くと言われています。今後は不動産も外国人購入者が増えていくと言われています。

詳細を読む

様々な取り組み

返済が追いつかなくて生活が苦しい。そんな時には専門家に相談しましょう。任意売却は大阪の不動産会社がサポートしてくれますよ。

理想のマイホームに出会えるように相談しておこう。不動産は岡山にあるこちらに相談。ネットでも物件を紹介しています。

木材利用ポイントを活用しよう

木造住宅の新築・増築をお考えの方は木材利用ポイント事業についてご存知でしょうか。 木材利用ポイント事業は、森林の整備や保全、地球温暖化の防止、農山漁村地域の振興を目的として設けられた制度です。木造住宅の新築・増築をする場合、1棟当たり30万ポイント(1ポイント=1円相当)の木材利用ポイントが付与されます。 ポイントが付与される条件は「ポイント事務局に登録された事業所であること」「ポイント事務局ホームページに掲載されている木材を使用していること」「対象となる木材が必要な量使用されていること」「住宅が対象となる工法で建てられていること」の4つです。どれかひとつでも条件が欠けているとポイント付与の対象となりませんので注意が必要です。

付与されるポイントは対象の工事や製品によって異なります

木造住宅の新築・増築の他にも木材利用ポイント付与対象の工事や製品があります。床や壁などの木質化工事、イスや机などの木材製品の購入、木質ペレットストーブや薪ストーブの購入がポイント付与の対象となります。 床や壁などの木質化工事の場合、ポイント付与の条件は木造住宅の新築・増築の場合と同様ですが、付与されるポイントは最大で30万ポイントとなります。 木材製品・ストーブなどの購入の場合「ポイント事務局に登録されている製品」がポイント付与の条件となります。発行されるポイントは製品ごとに異なりますので、対象製品を検索し付与されるポイントは何ポイントなのか確認するようにしましょう。 ポイントは地域の農林水産品や商品券・プリペイドカードなどに交換することができます。木造住宅の新築・増築、床や壁などの木質化工事、木材製品・ストーブの購入をお考えの方はぜひ木材利用ポイント事業を活用しましょう。

自宅以外に別荘が欲しいと思ったことはありませんか?伊豆で不動産を探すなら、簡単に物件検索ができるこちらを利用しましょう。

オススメリンク

エコの取り組み

国が行ったエコ政策の一つに住宅エコポイントがあります。この制度は、住宅建設においてバリアフリーやエコをキーワードとして行われています。この制度を利用するためにも早めに申請することが大切です。

詳細を読む

自然災害を予想する

いつどこで発生するか分からないのが自然災害ですが、地震が多い日本では不動産においても地震対策は必要となります。住宅を購入する時には、できるだけ安全性も考えて選ぶことが大切です。

詳細を読む

活発化する投資

資産運用の手段の1つに不動産投資があります。最近では中古ワンルームマンションを購入して副収入を得るという人も増えてきています。投資を始めようと考えている人は、一度インターネットでチェックしてみるのが良いでしょう。

詳細を読む